CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
OTHERS
SPONSORED LINKS
MOBILE
qrcode

Make it happen.

アラサーOL・Sarahの語学学習ブログです!
現在、英語・スペイン語W習得目指して奮闘中です。
<< SWテスト 応答問題練習10 | main | SWテスト 応答問題練習11 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | |
英語習得に対する姿勢
11月にTOEIC SWテストを受けることにして、今なんとか自分のペースで準備を進めているのですが、
テストを受けると決めてから、自分の英語のインプットの姿勢が変わりました。
正確に言うと、英検準1級の2次試験の勉強を始めたころからかもしれません。

最近はリスニングするにしても、リーディングするにしても、聞き慣れない語彙や言い回しがでてくると、「お!こんな言い方があるんだ!」とか「え?なんでこういう言い方なの?」とかいちいち立ち止まって考察するようになりました。
今までだいたい意味が取れればOKみたいな聞き方や読み方をしてたのが、自分がアウトプットしなければならない立場になって「もっとボキャブラリーを豊かにしたい!」という気持ちになりインプットの量も以前より増えました。
読むもの聞くものすべてが自分の糧となると考えると、今まで退屈だったインプット学習が楽しくて仕方ありません。
これが、本来の語学学習なんだと思います。

TOEICの問題集ばかり解いて、○×に一喜一憂して、単語は単語集で覚えて、みたいなやり方していたら、
当然退屈だし、スコアが英語力に結びつかないのは当たり前です。

そういえばこの前、先生に
「日本ではだれも英語を使わないでしょ?Sarahは普段英語を使わない環境にいるのに、よくここまで上達したわね。」

と言われました。

そうか、普段使わない言語を学ぶっていうのは、そんなchallengingなことなのか。

 今後も、英語を日常で使わない環境にいながら、どのくらい上達できるかチャレンジしていきたいと思います。



 
| - | 17:06 | comments(0) | - | |
スポンサーサイト
| - | 17:06 | - | - | |